TrickPalace
  1. http://www.trickpalace.net/
  2. windows/
  3. tips/
  4. sendto.cab.htm

tips

[送る]メニューに[圧縮 (cab 形式) フォルダ]を追加


Windows の Explorer 上でファイルを右クリックした際に現れるコンテキスト メニューの[送る]には[圧縮 (zip 形式) フォルダ]が既にあるのに[圧縮 (cab 形式) フォルダ]を追加する意味がどれだけあるのか甚だ疑問ではありますが、[送る]メニューに[圧縮 (cab 形式) フォルダ]を追加する方法をご説明いたします。

Wraith the Trickster まぁ、[圧縮 (zip 形式) フォルダ]が存在しない古い Windows に適用して .zip ファイルの代わりにするのはありかも。Explorer 上で .zip ファイルをフォルダとして扱えない Windows 98 や Windows 2000 でも .cab ファイルならフォルダとして表示できるし。
  1. この[圧縮 (zip 形式) フォルダ]では cabarc コマンドを利用するので、まず 『Microsoft Cabinet SDK について』から Microsoft Cabinet SDK を入手してその bin フォルダ内に含まれる cabarc.exe を system32 ディレクトリにコピーしてください。
    Wraith the Trickster system32 ディレクトリにすでに cabarc.exe が存在する場合は上書きしないでください。
  2. まずは下のテキストを[メモ帳]にコピペして "sendto_cab.cmd" なんて名前でも付けて system32 フォルダあたりにでも保存します。こちらのファイルをダウンロードして利用してくださっても構いません。
    :START
    IF %1 == "" END
    IF EXIST %1\* GOTO DIR
    cabarc N %1.cab %1
    GOTO NEXT
    :DIR
    CD /d %1
    cabarc -r -p N %1.cab *
    :NEXT
    SHIFT
    GOTO START
    :END
  3. スタートメニューの[ファイル名前を指定して実行(R)...]で、SendTo と入力しを[OK]ボタンを押下し、SendTo ディレクトリを開きます。
  4. 先に用意した sendto_cab.cmd ファイルのショートカットを SendTo ディレクトリに "圧縮 (cab 形式) フォルダ" という名前で作成します。作成したショートカットのアイコンは system32 ディレクトリにある cabview.dll のアイコンでも指定しましょう。
...以上の手順で完了です。

link