TrickPalace
  1. http://www.trickpalace.net/
  2. windows/
  3. logicool/
  4. lcdsdk/

logitech/logicool LCDSDK

about logitech/logicool LCDSDK

logitech/logicool LCDSDK は logitech/logicool の液晶パネルを内蔵した製品である G15(キーボード) や Z-10(スピーカ) などの液晶パネルへの表示とそれに付随するボタン入力が行える LCD アプレット( Win32 アプリ )を作成する為の SDK です。 ここではその logitech/logicool LCDSDK に関する情報をまとめていきます。また、情報交換の場としてしたらばに BBS も用意しましたので、是非ともそちらもご利用ください。

LCDSDK とは別に LCD Studio というものもあるようです。

Mac 用には第三者が作成した LogitechLCDTool というものが存在するようです。

Wraith the Trickster いま現在、私が所有しているのは Z-10 のみなので、特に指定がない限り Z-10 での話が前提となります。また、同じく特に明記がない限り logitech/logicool LCDSDK のバージョンは 1.03 を前提します。

links

入手方法

G15 や Z-10 用のドライバをインスコしたマシンの C:\Program Files\Common Files\Logicool\LCD Manager\SDK ディレクトリに LCDSDK_?.??.???.zip てな名前の ZIP ファイルがあるんで適当なとこに解凍しましょう。

ライセンス

LCDSDK のライセンスを要約すると

って旨のもので GPL のような汚染系ライセンス条項はなかとです。ライセンス周りは超大切なんで、極力自分の目で確かめておくようにしてください。

エミュレータ

[左Shift]+[左Ctrl]+[ロジクール LCD マネージャの通知アイコンを右クリッコ]すると通常のメニューに [Create External LCD Emulator] が追加されるので選択するとエミュレータが起動します。

コンパイラ

logitech/logicool は VC を使用することを前提としているようです。Borland のコンパイラを使用する場合は、そのままじゃ無理なんで Borland 向けのラッパー DLL を用意したんでそちらを利用してください。

最小限必要なファイル

コンパイル時に必要なヘッダファイルとインポートライブラリは LCDSDK を展開したディレクトリ配下の以下のパスにあります。なお、このインポートライブラリは VC 用です。Borland のコンパイラをお使いの場合はこちらをご利用ください。

LCDSDK の DLL は G15 や Z-10 がインストールされた環境ならレジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Logitech\LCD Software\LCD Manager\CurrentVersion\@InstallPath に記述されているディレクトリ(通所は C:\Program Files\Common Files\Logicool\LCD Manager\ )に LgLcdApi.dll が格納されています。

開発スタイル

素の API を利用するスタイルでは lglcd.h だけをインクルードし、lglcd.lib をリンクするだけです。logitech/logicool が用意してくれているクラスライブラリ/フレームワークを利用するスタイルでは、そのヘッダをインクルードするだけでなくクラスライブラリ/フレームワーク部分のソースもコンパイル及びリンクする必要があります。

LCDアプレットのインストール先

自作したアプレットはレジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Logitech\LCD Software\LCD Manager\CurrentVersion\@InstallPath に記述されているディレクトリ(通所は C:\Program Files\Common Files\Logicool\LCD Manager\ )の下に Applets ディレクトリがあるんでさらにその下に自分のブランド名(会社名)のディレクトリを作成してそのディレクトリに配置します。